Q: 地唄舞は日本舞踊とはどう違うのですか?上方舞とはどう違うのですか?
日本舞踊は歌舞伎舞踊が発展したもので、主に江戸で発達し、「踊り」と言われていました。地唄舞は座敷での舞踊で、主に上方(京阪)で発達し、「舞」と言われていました。日本舞踊は大舞台で踊るものが元となっており、地唄舞は座敷で舞うものが元となっている、という違いがあります。
上方(京阪)で専門演奏家によって演奏されていた「地唄」にあわせて舞うものを「地唄舞」、花街や町で流行っていた「上方唄」にあわせて舞うものを「上方舞」と言います。それらを合わせて呼ぶ時には「座敷舞」と言います。


Q: 浴衣を持っていませんが、お稽古できますか?
無料の貸出浴衣、帯がございます。ご予約時にお申し出ください。
その場合、下着(着物スリップ、浴衣下もしくはお洋服用のスリップ)をご持参下さい。



Q: 仕事帰りなので、浴衣を持って行けません。
無料の貸出浴衣と帯、紐をご用意しますので、大丈夫です。ご予約時にお申し出ください。
その場合、下着(着物スリップ、浴衣下もしくはお洋服用のスリップ)をご持参下さい。


Q: 浴衣は持っていますが、着方がわかりません。
着付けのお手伝いも致します。 お手持ちの浴衣をご持参ください。
繰り返すうちにご自身で着られるようになりますし、ご希望であれば普通の着物の着付けもお手伝いします。


Q:浴衣を着るのに 何が必要なのかがわかりません。
理想的なのは、白足袋、浴衣、半幅帯、腰紐2本、伊達締め、下着(着物スリップ、肌襦袢に裾除けなど)、ステテコ です。
ですが、ステテコは最初は無くても構いませんし、下着も最初はお洋服用でも代用できます。


Q: 着替えをする場所はありますか?
少し狭いですが、一名分の着替える場所がございます。


Q: 着物で行ってもいいですか?
もちろんです。お好きな着物でお越し下さい。


Q: 年令制限はありますか?
特にありませんが、小学生以下のお子様の場合はご相談ください。


Q: こういったお稽古事はお金がかかるときいていますが・・・?
お月謝(参加費)、稽古用扇、お浚い会(年に一度一万円程度)以外は一切かかりません。
従って、お揃いの着物や浴衣、流儀のお付合いにかかる費用などは全くありません。
純粋に舞のお稽古だけに集中できるようにして、無理なく長く続けられるように、と考えています。
何年かお稽古した後、希望される方には本舞台での公演出演の機会や名前を取られる機会もご用意しますが、その場合もタイミングや費用に関してはご希望を伺いながらすすめたいと考えています。